MENU

お茶を使った便秘解消方法について

便秘は思ったように便が出なくなる症状であり、便が溜まることで、吹き出物の原因になったり食欲不振といった症状に見舞われ、日常生活に支障をきたすケースもあります。これらを改善する方法としてお茶を飲むというものがあります。お茶を飲むことで便秘が解消される理由は便秘の仕組みが大きく関与しています。

 

人間は食べ物を食べると口で咀嚼し噛み砕き、それが胃に入ると胃酸で消化しやすいように溶かします。それらが小腸や大腸を経て栄養を吸収して直腸に達して肛門から排便されます。個人差はありますがおおむね大人であれば24時間から72時間で口から入った食べ物は肛門から便として排出されるわけですが、これらの流れが上手く行かず腸内に便が溜まる状態が便秘です。

 

便秘になる理由は水分を過度に吸収されることで便の腸内での移動を妨げることや、また腸の直腸方向への押し出す力が弱ることで便の移動が出来なくなるといったことが挙げられます。

 

お茶を食事の最中や食後に一緒に飲むことで、適度に腸内への水分を補給することができるため便の移動をスムーズにすることができます。またお茶にはカフェインが含まれていますが、このカフェインによって腸に対して刺激し、腸の活動を活発にする作用があります。

 

また緑茶に含まれるカテキンは、腸内の善玉菌を増やすため腸内環境の改善によって便秘の解消に繋げることができます。

 

一方で注意すべき点は、カフェインの存在で、カフェインを取りすぎると反対に腸の働きが悪くなることが知られています。このためいくらお茶が良いからといって過度に摂取するのは逆効果になる場合があります。また冷たいお茶も消化器官に対して悪影響を与えます。

 

このためお茶を使った便秘解消法としては、食事のさいに適度に温かいお茶を飲むということです。特に温かいものを飲むことで、胃腸の活動を活発化させることができるので、より効果的に便秘の解消に繋げることができます。

このページの先頭へ